胃もたれを悪化させない!避けるべき食事をまとめてみました

胃もたれを悪化させないためには、なるべく胃に負担のかからない飲食物を選ぶことが大事です。

胃酸が逆流すると胃腸や食道を傷つけてしまい、それだけがんのリスクも増えてしまいます。

自分だけでなく周囲の人達にも迷惑をかけてしまうので、普段の食事に気を付けながら過ごすことが重要です。

胃もたれを引き起こさないよう避けるべきなのが、脂っこい食事です。

例えば唐揚げやとんかつ、コロッケなどが挙げられます。

またスナック菓子やパン、ケーキなどの食事も相当胃に悪いので、なるべく避けるよう心がけましょう。

そして飲み物だと炭酸飲料やコーヒー、酒類などが胃もたれを引き起こす可能性が高いです。

これらは一気に止めてしまうのではなく徐々に減らしていき、いずれ完全に断つと良いでしょう。

関連記事

  1. 慢性的な胃もたれ|実は大きな病気が隠れているかもしれません

  2. 空腹時の胃痛は逆流性食道炎かも?体内の状態を調べてみました

  3. 胃もたれと胸焼けの違いとは?改善のために症状を把握しよう

  4. キャベツで胃もたれ救済|お腹を整える効果と簡単レシピを伝授

  5. 口臭の原因は逆流性食道炎かも?体内の状態を調べてみました

  6. タバコによる逆流性食道炎|症状を誘発する理由を知ろう!