アルコールが痔の原因に?お尻に与える影響を調査しました

痔になると痛みなどが伴うので大変ですが、アルコールが与える影響が気になるかもしれません。

基本的にアルコールは少量であれば、そこまで深刻な問題になることはないです。

しかしアルコールを大量にとると痔にも悪影響を与えることになるので、注意をしないといけません。

アルコールを大量にとると血管が拡張して血液量が増えることになりますが、痔になっている場合はこの点から症状が悪化することになります。

肛門周辺の血液量がアルコールによって増えることになりますが、静脈が血液を心臓のほうに戻す力が弱いため肛門の鬱血が酷くなることで、アルコールを大量に飲むと痔に悪影響がでてしまいます。

痔にならないように気をつけるのが大切ですし、アルコールをとる量も少なくするのが重要です。

関連記事

  1. 痔になったら何科に行くべき?対応できる病院を調べてみました

  2. 不溶性食物繊維で痔を予防|腸への効果と多く含まれる食品をチェックしよう

  3. 痔の痛みが少ない座り方|負担をかけない楽な姿勢をお教えします

  4. 今すぐ買える痔の座薬|市販の薬を3つピックアップ!

  5. 痔の応急処置を紹介!病院に行けない時に取れる対処法とは

  6. 切れ痔はどんな病気?症状や発症の原因を調べました!