切れ痔の皮膚弁移動術|施術方法と入院の必要性を調べました

切れ痔に適応の皮膚弁移動術は、固くなっている肛門上皮の部分を切除して、肛門を拡張してから肛門の外側の皮膚を移動して縫い合わせる手術です。

慢性の切れ痔は肛門が狭くなっているので、皮膚弁移動術は再発を防ぐのに有効です。

皮膚弁移動術は日帰りで可能な場合と、入院が必要になる場合があります。

比較的軽度であれば日帰りできる可能性が高く、手術当日に帰宅して過ごせます。

手術後なので激しい動きは厳禁ですが、室内で静かに過ごすことができます。

入院が必要な場合でも皮膚弁移動術であれば数日で済みます。

入院期間が1週間に及ぶことは少ないので、早く回復して退院を目指せます。

皮膚弁移動術を含めて痔の手術は進化していますから、体の負担が小さく入院不要の場合が多いです。

関連記事

  1. 痔用座薬の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

  2. 痔の種類と症状を徹底解説!当てはまる症状が見つかるかも!

  3. 痔の時にヨガはしてよい?お尻に与える影響を解説します

  4. 生理中に痔になりやすい原因は?体で起こるメカニズムを解説

  5. 痔用軟膏の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

  6. 痔ろうはどんな病気?症状や発症の原因を調べました!