切れ痔の用手肛門拡張手術|施術方法と入院の必要性を調べました

切れ痔の治療には様々ありますが、用手肛門拡張手術は保存療法のひとつで、生活の質を低下させずに完治を目指すことが可能です。

軽度な場合は内服薬や座薬、軟膏などの薬物療法で治療可能ですが、重度で慢性的な場合には手術を行うことがあります。

切れ痔の手術の中でも用手肛門拡張手術は、肛門括約筋が緊張して激しい痛みを発症している場合に有効です。

用手肛門拡張手術では麻酔をした後で指を使って肛門を広げて肛門括約筋の緊張を和らげて、症状を改善するという簡単なものです。

用手肛門拡張手術ならメスを入れることも無く麻酔からの回復も早いことから入院を必要とせず、日帰りで完了させることが可能です。

予後が良ければ徐々に痛みが緩和され、完治へと向かいます。

関連記事

  1. 痔ろうの切開開放術|施術方法と入院の必要性を調査しました

  2. 長時間のデスクワークが痔の原因に?お尻に与える影響を解説します

  3. PAO注|いぼ痔への注射療法の効果とメカニズムを調べてみました

  4. 家族で痔疾が多い人必見!痔は遺伝するのか調べてみました

  5. 痔の痛みが少ない寝方|ぐっすり眠れる楽な姿勢をお教えします

  6. 毎日のコーヒーが痔の原因に?お尻に与える影響を解説します