痔ろうの切開開放術|施術方法と入院の必要性を調査しました

痔ろうの切開開放術は、痔ろうの入り口となる部分と膿が出る出口の部分を切り開き、切除して膿を取り除く方法です。

切除を終えたら肉を盛り上げて元に戻すのが切開開放術の特徴です。

手術なので入院が必要なイメージですが、医療機関によっては日帰りで手術できます。

傷口の回復に2ヵ月以上要するので通院は必要になります。

従来は入院が必要とされていましたが、現在は手術法の改良によって日帰りが実現しています。

麻酔の使い方の工夫もあって、日帰りで切開開放術ができる医療機関は少なくないです。

希望すれば入院できる場合もあるので、入院したい場合は医療機関に相談をおすすめします。

切開開放術の当日は、自宅で安静に過ごすのが一般的です。

当面は安静にする必要がありますから、入院不要とはいえしばらく休みを取って手術に臨むのが望ましいです。

関連記事

  1. 痔の時のお風呂はどうする?改善するための入浴方法まとめ

  2. 切れ痔の用手肛門拡張手術|施術方法と入院の必要性を調べました

  3. 指圧効果で症状改善|痔に悩める人へのツボをお教えします

  4. いぼ痔の薬物療法|処方される薬のタイプを徹底解説します

  5. 痔の時に効果的な運動を紹介!激しい運動を控えるべき理由は?

  6. 痔ろうの括約筋温存手術|施術方法と入院の必要性を調査しました