円座クッションのデメリット|痔の人が使う時の注意点をチェック!

ドーナッツのように中央に空間を設けた円座クッションは、会陰部や肛門への圧迫を防げるため痔で悩む方に選ばれるようになりました。

特に痔で悩んでいる方にとって座った際に生じる患部の痛みを軽減できることがメリットになっており、自宅だけでなく職場などでも利用されており、もはやマストアイテムと言っても良いでしょう。

しかし円座クッションにもデメリットがないわけではありません。

まず一般的なクッションと比較すると価格が高めである、厚みがあるので使用する際に高さ調整が必要になることがある、体重により深い沈み込みが起きたり床や椅子の座面とぺったりした感じがすることがある、血行が悪化したり床ずれが悪化するなどが代表的です。

加えて高反発タイプは少なくより高価であり、低反発クッションは通気性が悪い傾向が知られています。

痔で悩む方のマストアイテム円座クッションですが、デメリットも勘案しておくと納得のものを選べます。

関連記事

  1. いぼ痔の結紮切除術|施術方法と入院の必要性を調べました

  2. タバコが痔の原因に?お尻に与える影響を調査しました

  3. 痔用軟膏の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

  4. オリゴ糖で痔を予防|腸への効果と多く含まれる食品をチェックしよう

  5. 痔ろうはどんな病気?症状や発症の原因を調べました!

  6. 円座クッションのおすすめ3選|痔を和らげる商品をピックアップ