痔用座薬の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

痔は肛門に痛みが生じてしまい、苦しい思いをすることが少なくないです。

自然に治るケースもありますが、痛みが強い場合は座薬などで治療を行うことが重要です。

痔用座薬の使い方はシートを剥がして、座薬の底を持って指で肛門の中に入るまで押し込むだけなので、そこまで難しくありません。

初めて使用する方は使い方が分からないかもしれませんが、説明をよく読めば大丈夫です。

座薬を挿入した直後の激しい運動は控えた方が良いです。

激しい運動をしてしまうと、座薬が外に出てしまう可能性があります。

挿入後に異物感が残ることが結構ありますが、溶けてくれば無くなるためしばらく様子をみてください。

座薬は体温で溶けるように作られているので、保管しておく際は31℃以下のところに置くことが必要です。

関連記事

  1. いぼ痔はどんな病気?症状や発症の原因を調べました!

  2. 痔ろうはどんな病気?症状や発症の原因を調べました!

  3. タバコが痔の原因に?お尻に与える影響を調査しました

  4. 痔の血便は何の症状?他の胃腸疾患の出血と比べてみました

  5. 今すぐ買える痔の内服薬|市販の薬を3つピックアップ!

  6. 長時間のデスクワークが痔の原因に?お尻に与える影響を解説します