痔の時のお風呂はどうする?改善するための入浴方法まとめ

痔の時にお風呂に入るのは症状を和らげる効果があります。

なぜかというと体を温めることで血行が良くなり、汗とともに体内に溜まった老廃物が排出されるからです。

肛門が温まることで痔の症状を誘発する肛門のイボも鬱血状態が緩和するので痛みや違和感の改善に繋がります。

改善を促すお風呂の入り方はシャワーではなく湯船に浸かることです。

半身浴でもいいので湯船に浸かり、できるだけ肛門を温めるように足を広げると改善効果があります。

お湯の温度はややぬるいと感じる程度の40度くらいで、あまり熱すぎると刺激になるので逆流効果です。

お風呂で肛門を洗浄する時はきつく洗うのではなく優しくさするようにマッサージすることで、肛門を清潔に保つことも改善になります。

関連記事

  1. 痔ろうの括約筋温存手術|施術方法と入院の必要性を調査しました

  2. いぼ痔の結紮切除術|施術方法と入院の必要性を調べました

  3. 痔用軟膏の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

  4. 切れ痔の用手肛門拡張手術|施術方法と入院の必要性を調べました

  5. オレイン酸で痔を予防|腸への効果と多く含まれる食品をチェックしよう

  6. 家族で痔疾が多い人必見!痔は遺伝するのか調べてみました