胃もたれの時に運動はOK?効果的な方法と注意点を説明

胃もたれをしているときに、運動をするとどうなるのか気になるかもしれませんが、基本的に激しい運動は控えないといけないです。

激しい運動をしてしまうと胃の働きが止まってしまうので、胃もたれの症状が悪化するリスクがあります。

そのため軽めの運動をするのが大切になりますが、胃もたれの症状を軽減するための運動にはストレッチや散歩などが該当してきます。

ストレッチや散歩などの比較的軽い運動をすることで、胃もたれの症状を改善できることがありますから、実践をする価値があるはずです。

運動のしすぎは逆効果になってしまいますから、散歩でも長距離の移動などは避けないといけません。

気軽に挑戦できる範囲の運動をするのが大切になりますから、注意点として覚えておく必要があります。

関連記事

  1. キャベツで胃もたれ救済|お腹を整える効果と簡単レシピを伝授

  2. 胃もたれで嘔吐する原因は?他の病気を併発してるかも!?

  3. 口臭の原因は逆流性食道炎かも?体内の状態を調べてみました

  4. 逆流性食道炎の原因とは?身近な生活習慣を見直しましょう

  5. ストレスが胃もたれの原因に?なぜ胃腸に影響を与えるかチェック!

  6. 逆流性食道炎の予防|生活習慣の気を付けるポイントまとめ