ヨーグルトで便秘救済|腸を整える効果と簡単レシピをご紹介

腸内環境は善玉菌と悪玉菌、中間の菌の量のバランスによって決まります。

健康的な腸内環境はビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌が優勢な状態です。

ヨーグルトを食べてビフィズス菌や乳酸菌を増やすと、便秘に効果があるのはそのためです。

しかし腸内にある程度の期間は存在しても、住みつくことはないとされています。

毎日続けて摂取し、腸に補充するのが望ましいとされています。

腸内環境を改善する二つ目の効果的な方法は、オリゴ糖や食物繊維を摂取することです。

消化・吸収されることなく大腸まで届く「エサ」を与えて、腸内にもともと存在する善玉菌を増やすのです。

ヨーグルトを食べるときは、食物繊維やオリゴ糖が豊富なアロエ・ナタデココ・きな粉・ナッツなどをトッピングして食べると、便秘を改善させる効果を高めることができます。

トッピングするだけなので簡単です。

ダイエットを意識する場合は、無糖タイプのヨーグルトを選ぶようにしましょう。

またヨーグルトに糖質量の多い果物や甘味料をトッピングすると、太る原因になることがあります。

果物をトッピングする場合はいちご・グレープフルーツ・ブルーベリーなど糖質量が少ないものがおすすめです。

関連記事

  1. ツボ刺激で便秘対策!効果と正しい方法を調べてみました

  2. 便秘のお腹をデトックス|梅流しのレシピと効果を紹介

  3. 便秘対策で朝ごはんを食べるべき?体へのメリットと超簡単メニューを紹介

  4. キウイで腸を整える!便秘に効果があると言われる理由とは?

  5. 実は赤ちゃんも便秘に!家庭で出来る排便を促す方法をお教えします

  6. お通じ記録アプリで健康管理|便秘の人は必見のおすすめ3選