つらい便秘に潤腸湯|漢方の成分と効能をまとめました

潤腸湯は特に高齢者でコロコロとしたうさぎの糞のような便しか出ないタイプの、便秘に処方されることが多い漢方薬です。

含まれている成分は腸の動きを良くする大黄を中心として、水分をキープする麻子仁と杏仁、血行を促す当帰や地黄、そして痛みなどを和らげる感や作用のある甘草となっています。

潤腸湯は高齢者の弛緩性またはけいれん性の便秘に向くとされています。

肌が乾燥しているなど燥証と言われる、体内の水分が不足している方の便秘にも有効です。

適応証と言われる体質は、体力中程度とされています。

体が酷く弱っている場合や、胃腸が弱く吐き気や食欲不振がある場合は慎重に用いる必要があります。

常習性の便秘の場合、即効性はあまりないので日頃の運動や食事などの見直しが必要です。

関連記事

  1. 便秘にコーヒーはアリ?腸に与えるメリット・デメリットを解説

  2. 黒い便の原因は便秘かも?その他にも想定される病気があります!

  3. 嘔吐の原因は便秘かも?体内で何が起きているか徹底解説

  4. 生理前だと便秘になりやすい!原因と対策をお教えします

  5. 白湯で胃腸ケア|便秘に期待される効果と飲むタイミングを調査

  6. パイナップルで腸を整える!便秘に効果があると言われる理由とは?