アルコールによる逆流性食道炎|症状を誘発する理由を知ろう!

アルコールをよく摂取している方は、逆流性食道炎になりやすいです。

逆流性食道炎は日本では少ない病気でしたが、近年かなり増加しています。

食事の欧米化や高脂肪食が広まったことなどが要因です。

アルコールが逆流性食道炎を誘発する理由は、胃の内容物の逆流を防ぐ働きがある下部食道括約筋の機能を弱めて、食道から流れる食べ物を送り出す蠕動運動の働きを阻害してしまうからになります。

過度なアルコール摂取は胃酸が逆流しやすいですし、食道に食べ物が溜まりやすくなって逆流性食道炎のリスクを高めてしまいます。

適量であればストレス解消になるので大丈夫ですが、過度なアルコールの摂取は健康において悪影響になるので避けるべきです。

関連記事

  1. 胃もたれに六君子湯|漢方の成分と効果を特集しました

  2. 胃もたれの薬はコレ!コンビニで買える市販薬をピックアップ

  3. 胃もたれにおすすめの飲み物|優しく胃腸に働きかける3つをピックアップ

  4. アルコールが胃もたれの原因に?なぜ胃腸に影響を与えるかチェック!

  5. 喉の違和感は逆流性食道炎かも?体内の状態を調べてみました

  6. 逆流性食道炎の治療|病院での一般的な対応を調べてみました