排便が痔の原因に?お尻に負担が小さいトイレの過ごし方

トイレで排便するたびに肛門の痛みを感じるほど、痔の状態が悪化している時にはトイレでの過ごし方を改善しなければいけません。

力を入れなければ排便できないほど、便秘の状態が悪化している時には整腸剤などを服用して、軽い力を込めるだけで便が出るように対処することが重要です。

お尻に力を入れるほど痔は悪化しやすいために、便が硬い状態を放置しているのは危険です。

トイレでの姿勢も改善する必要があり、前かがみの姿勢で排便することで直腸が真っ直ぐ伸びて、お尻に負担をかけずに便を出せます。

お尻に力を入れるのではなく腹圧で便を押し出せるのも、前かがみの姿勢で排便する利点です。

トイレでの過ごし方を変えるだけでも、肛門が受ける負担を大きく減らせます。

関連記事

  1. いぼ痔はどんな病気?症状や発症の原因を調べました!

  2. 痔用座薬の使い方|効果が出るための正しい方法をチェックしよう

  3. 円座クッションのデメリット|痔の人が使う時の注意点をチェック!

  4. いぼ痔の薬物療法|処方される薬のタイプを徹底解説します

  5. 家族で痔疾が多い人必見!痔は遺伝するのか調べてみました

  6. 水溶性食物繊維で痔を予防|腸への効果と多く含まれる食品をチェックしよう