痔ろうのシートン法|施術方法と入院の必要性を調べました

痔ろうはつらい症状のひとつです。

初期の場合は、市販薬でも対応できる可能性はありますが、悪化した場合はそれだけで治すことは困難です。

良い改善を得るためには、医療機関での治療も考えたいところです。

痔ろうの治療にも色々な方法がありますが、シートン法が選ばれることもあります。

シートン法は、痔ろうの痔管に輪ゴムを通し少しずつ締めていく治療です。

痛みも気になるところですが、この治療では痛みが出ないように少しずつ輪ゴムを締めていきます。

すぐに完治するものではなく、時間をかけて少しずつ治すことになります。

入院が必要であるのかどうかも気になるところですが、体に与えるダメージは少なく、治療後はすぐに日常生活に戻ることができます。

関連記事

  1. 切れ痔はどんな病気?症状や発症の原因を調べました!

  2. PAO注|いぼ痔への注射療法の効果とメカニズムを調べてみました

  3. いぼ痔が脱出してしまった!正しい戻し方と注意点をまとめました

  4. 痔の痛みが少ない座り方|負担をかけない楽な姿勢をお教えします

  5. 痔の応急処置を紹介!病院に行けない時に取れる対処法とは

  6. 毎日のコーヒーが痔の原因に?お尻に与える影響を解説します