つらい便秘に調胃承気湯|漢方の成分と効果をまとめました

調胃承気湯は、漢方薬の一種であり、主につらい便秘や消化不良などの胃腸の不調を改善するために用いられます。

この漢方薬調胃承気湯には、複数の成分が含まれており、その効果が期待されています。

まず大黄(だいおう)は便秘の症状を和らげるために使用されます。

大黄には腸内の運動を促進し、排便をスムーズにする効果があります。

黄?(おうぎん)は抗炎症作用があり、胃腸の不調を鎮める働きがあるのです。

次に人参(にんじん)は消化を助ける成分であり、胃腸の働きを活発にする効果があります。

(かんぞう)には胃酸の分泌を調整し、胃腸の炎症を抑える効果が期待できます。

これにより消化不良や胃の違和感を軽減する効果が期待されます。

生姜(しょうが)は血流を促進し、消化機能を改善する効果があります。

胃もたれや膨満感などの症状を緩和する効果が期待されます。

また大腹皮(だいふくひ)には動きを整える効果があり、便秘の解消に寄与します。

関連記事

  1. こんにゃくで便秘救済|腸を整える効果と簡単レシピをお教えします

  2. 嘔吐の原因は便秘かも?体内で何が起きているか徹底解説

  3. キウイで腸を整える!便秘に効果があると言われる理由とは?

  4. 胃痛の原因は便秘かも?体内で何が起きているか徹底解説

  5. 直腸性便秘はどんな症状?原因や腸の状態をまとめました

  6. けいれん性便秘はどんな症状?原因や腸の状態をまとめました